One story building

コンパクトな動線「平屋暮らし」

  • Case 01.

    コンパクトな動線
    「平屋暮らし」

    家族や友人が集う時も、ご夫婦で歩むこれからも
    その時々に彩りを添える「平屋」の住まい。

    各部屋と庭がつながる開放感は、家族や友人に愉しいひとときを。自然との触れ合いは、お子さまの成長に豊かさを。昇り降りのない暮らしは、ゆっくりと歩むご夫婦に快適さを。
    うつろいゆく四季とともにご家族のライフステージにあわせて暮らしを彩ります。

feature

住まいの特徴

  • DETA.
    テクノストラクチャー工法
    耐震等級3(最高等級)
    メーターモジュール
    階段のないバリアフリー空間
  • 人生のどんな時も暮らしに寄り添う「平屋」の魅力。

    ワンフロアで、太陽や風をたくさん取りこめる平屋住宅。
    庭との一体感は、暮らしを豊かに彩ります。

    平屋は階段の昇り降りがありません。バリアフリーに配慮しやすく、快適なフラットな空間が家族のつながりを感じさせる点も魅力です。

    もちろん、おしゃれな外観デザインや、機能的な間取りも叶います。

Case

平屋で叶う住まいの事例

  • ワンフロアで太陽や風を
    たくさん取りこむ。

    夫婦や家族で過ごす共有スペースLDK。
    木のぬくもりを感じながら解放感な触れるスペースが至福の時間を演出します。ダイニングを勾配天井にすることで、開放感を演出。
    上部のハイサイドライトから光がふりそそぐ、くつろぎの空間です。部屋に高さを設けるテクノストラクチャー工法ならではの技術で現代の平屋のデザインを叶えました。バリアフリーにも配慮し、ゆったりと快適にくつろげるプランです。

  • テクノストラクチャーで
    実現するデザイン性。

    寝室や子ども部屋も空間を遮らない極力シンプルなデザインにすることで、こちらも開放感を作り出すことができます。

    小さな平屋は一つ一つの部屋が小さいイメージがありますが、現代の家に求められるニーズをテクノストラクチャーなら実現することが可能です。

  • 外とつながるリビングで
    開放感あふれる空間に。

    平屋を建てるにはある程度の敷地は必要ですが、木津川市の城山台や精華町ならでは広い土地を確保することができます。

    家の中だけでなくエクステリアを広く取れることで駐車スペースや家庭菜園、作業スペースとしてもエクステリアを活用することができます。

    更に近年若い世代の方にセンターコートのある家が人気を集めていて家をコの字スタイルにすることで、家に囲まれた庭を表現できます。

  • 末永く住まうことを考えた
    間取りの提案。

    この間取りは家の中心にリビングを配置。
    子ども室の仕切りに可変性をもたせることで、子ども達が巣立った後の間取り変更も見据えた平屋の家です。

    末永く住まう上で、収納スペースはなくてはならないもの。主婦のみなさんには家を手に入れる点で無視できない条件の一つです。
    当社の家づくりは平屋であっても使えるスペースは有効活用し、クローゼットスペースやニッチとしてできるだけ多くの數納スペースを確保した家づくりを実践しています。

  • Case 01.

    コンパクトな動線
    「平屋暮らし」

    MORE
  • Case 02.

    遊び心のある住まい

    MORE
  • Case 03.

    ワンランク上の
    上質な暮らし

    MORE