Blog

ブログ

住宅設備の最新事情。主要3メーカーを徹底比較してみました!〜キッチン編〜

こんにちは!コーセーホームの菅沼です。

前回のトイレ編につづき(https://koseihome.com/blog/5799/)、

今日は主要3メーカーのキッチンを徹底比較していきます。

同じく“お掃除のしやすさ”に着目して比較してみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

パナソニック「ラクシーナ」
ラクシーナといえば、汚れがたまりやすいシンクとカウンターの間にスキマのない“スキマレスシンク”が特徴のひとつ。さっとふくだけで、キレイが保てます。
シンクの素材はもちろん、前回・前々回もご紹介した “スゴピカ素材”です。
換気扇がドライバーなど一切不要でお掃除しやすいのも、パナソニックのキッチンの特徴です。

7

LIXIL「アレスタ」
シンクは、底面の傾きが左右の両端にいくほど大きくなる新形状。シンク内のどこからでも効率よく排水できて、汚れやゴミをスムーズに洗い流せます。
汚れの原因になる油分を入り口でブロックする換気扇「よごれんフード」も優れもの。オイルスマッシャー機能がフード内への油の浸入をおさえ、面倒なファンのお掃除の負担が軽減されます。

TOTO「ザ・クラッソ」
TOTOといえば、おなじみの「きれい除菌水」です。
網かごのゴミを捨てて水で洗った後に「きれい除菌水」を吹きかければ、嫌なヌメリをおさえてキレイが長続きします。定期的に自動噴霧する設定もできます。
もちろん、まな板や包丁、ふきんなどにも使えますよ!

いかがでしたか?
当社ではどのメーカーの商品も取り扱いが可能です。

ご希望のメーカーがある場合には、ご遠慮なくお申し付けくださいね!

Back
一覧