Blog

ブログ

気分を変えたい時にオススメ!インテリアの配色のポイント

“大掛かりな片付けは模様替えは面倒だけれど、部屋のイメージを変えて気分転換したい!”

そんな時は色を意識したインテリア選びを楽しんでみるのがオススメです。

ちょっとしたポイントをおさえれば、手軽に部屋のイメージを変えることができ、家で過ごす時間がもっと好きになるかも!?

「居心地の良い部屋にしたい」「好きなスタイルのインテリアを取り入れてオシャレな空間にしたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください♪

インテリアの色の配分の基本は「70:25:5」

インテリアのカラーコーディネートは色の組み合わせはもちろん、どの色をどれくらいの面積で使うか、つまり色の“配分”が重要です。

インテリアの色の配分で基本となる黄金比は「70:25:5」

まずは基本となる3色をバランスよく取り入れてみましょう。

ac141ahahcs1-pa0050001

部屋の印象の基礎をつくる「ベースカラー」【色配分70%】

天井や床、壁などの部屋の大半を占めるカラー。白や茶系を使うのが一般的で、天井など部屋の上部に白を使うと部屋が広く見える効果があります。

狭い部屋でインテリアが多くベースカラーを70%確保するのが難しい場合は、カーテンやラグなどのアソートカラーをベースカラーと同色にすると良いですよ。

%e6%b0%b8%e7%94%b0%e6%a7%98-4

部屋の色の印象を決定づける「アソートカラー」【色配分25%】

カーテンやソファ、ラグなど部屋の主役となるカラー。ベースカラーと同色で合わせてすっきりコーディネートすると統一感がでます。

またアソートカラーに柄物を取り入れるのもオススメ。特にカーテンやラグは空間を華やかに演出してくれるので、うまく取り入れると部屋がセンスアップして見えます。me-%e7%b2%be%e8%8f%af%e5%8c%97%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9-37

インテリアを引き締める「アクセントカラー」【色配分5%】

インテリアのポイントや引き締め役になるカラー。色の配分は概ねクッション2個分の面積と覚えておくとわかりやすいです。

クッションのほか、絵画やランプシェード、小物などで明るい色を使うとメリハリのあるグッとおしゃれな空間に変わります。

6-5

まずは「ベースカラー」と「アソートカラー」を決め、最後に「アクセントカラー」を決めて組み合わせることでバランスの良いお部屋ができあがります。

自分の好きなイメージの空間を見つけるには、インスタグラムやピンタレストを活用するのもオススメ。

色の配分をマスターして、お家のカラーコーディネイトを楽しみましょう。

%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%8a%e3%82%92%e6%84%89%e3%81%97%e3%82%80%e5%ae%b629

 

Back
一覧