Blog

ブログ

窓の選び方と配置が決め手?! さわやかな風を感じる快適な住まいづくり

こんにちは!コーセーホームの菅沼です。

 

7月も10日をすぎ、夏本番がすぐそこまでやってきました。

「真夏にはエアコンをつけっぱなし」という方も多いと思いますが、健康のことを考えても、たまには窓を開けてさわやかな風を感じたいものですね。

3-1

ただ、「窓をあけても、ぜんぜん風が入ってこない」とお悩みの方も多いのでは?

実は、お家の風通しをよくするためには、ただただ窓が大きければいいというものではないんです。

 

窓の配置や窓の種類、さらには窓をどちら開きにするかによって、風が通るか通らないかが決まってきます。

たとえば、日本の住宅にもっとも多く採用されている「引き違い窓」は、真正面からの風は取り込めても、横からの風を取り込むのには適していません。

3-2

風通しのいい家にするために効果的なのが、「縦すべり出し窓」をうまく配置すること。

「縦すべり出し窓」とは、窓枠の上下に溝がついていて、この溝に沿わせて窓を押し出して開けるタイプの窓です。

3-3

2つの縦すべり出し窓を、吊り元(開閉の軸になる側)がそれぞれ内側になるように配置することで、片方の窓が外壁をそって吹き抜ける風をキャッチして取り込み、もう一つの窓が風を外に逃します。

3-4

そうすることで、部屋のなかの空気が循環し、風通しがよくなるというわけです。

3-5

先日グランドオープンを迎えた城山台のモデルハウス「COLORS」の寝室の窓が、まさにこの配置。(https://koseihome.com/blog/4410/

風がさわやかに行き渡る快適な空間を、ぜひ体感しにきてくださいね!

Back
一覧