Blog

ブログ

初心者向け! 【太陽光発電のメリット・デメリット】を解説♪

「太陽光発電に興味があるけれど、設置費用はどのくらいかかるの?」

「我が家にとって、どんなメリットとデメリットがあるの?」

太陽光発電を設置する一般家庭を見かけることが多くなり、興味を持つ人も増えてきているようです。

そこで今回は、太陽光発電のメリットとデメリットについてご紹介します! 興味のある方はぜひお読み下さい♪

太陽光発電とは?

太陽光発電とは太陽光をエネルギー源として直接電気に変換する発電方法です。再生可能エネルギーの代表のひとつです。

東京都では新築建築物に太陽光発電のパネル設置を義務付ける条例改正案が検討されるなど、最近話題になっています。

太陽光発電のメリット5つ

電気代を節約できる♪

太陽光発電を導入している平均的な家庭では、年間で4万8千円ほど電気代が節約できるという試算があります(「東京電力エナジーパートナー」による試算)。10年後には48万円以上の電気代が節約できることになります。

参考:東京電力エナジーパートナー太陽光発電のメリット・デメリットを初心者向けにわかりやすく解説! 【図解あり】 – EV DAYS

災害時の停電に備えられる♪

災害が起こり在宅避難することになったとき、停電になっても電気を使うことができます。無制限に使えるわけではありませんが、在宅避難にそれほど不便を感じずに生活できます。スマートフォンの充電ができるのも安心です。蓄電池があれば、発電した電力を貯めておくことができ、さらに避難生活を安定させてくれます。

収入になる♪

発電した電気は電力会社に売ることができるので収入になります。電力を一定期間定額で買い取ってもらえる制度もあります。

設置に補助金が出る♪

各自治体でも太陽光発電を始めとした再生可能エネルギー普及を促進しています。太陽光発電システムの設置に補助金を出してくれる自治体もあるので、お住まいの地域の制度を調べてみましょう!

環境に優しい♪

太陽光発電は二酸化炭素を排出しないのでの環境に優しくクリーンなエネルギーです。

太陽光発電のデメリット3つ

設置のコストがかかる

商品や面積によって変わりますが、少なくとも100万円以上が必要と考えていいでしょう。自治体の補助金制度などを活用すると負担が減ります。

天候に左右される

太陽光発電は日射量に影響されるエネルギーです。梅雨の時期や日照時間の短い冬などは発電量が減り、その分だけ電気代も増えます。

設置できないケースもあり

すでに建築された住宅の場合、設置できないケースがあります。太陽光発電のパネルは1枚あたりおよそ15kgあります。平均して20〜30枚程度取り付けるため、その重量は300kg以上になります。設置を希望する際は自宅がその重量に耐えられるかどうか確認する必要があります。

まとめ

いかがでしょうか?

本コラムでは太陽光発電とはどんなものなのか、そのメリットとデメリットについてご紹介しました。どちらもよく理解し、ご自分の家に設置するかどうか考える際の参考になさってくださいね!

Back
一覧