Blog

ブログ

50代はリフォームの適齢期!元気な今こそリフォームがオススメです!

住まいのリフォームをするタイミングはご家庭によりそれぞれ異なりますが、一般的に50代のリフォームがオススメと言われています。

これは子供が独立し夫婦二人の生活になったり、親の介護や相続など、ライフスタイルが変化するタイミングであるからです。また30代で新築の住宅を購入すると、50代はちょうどリフォーム時期を迎える築20年と重なることもあげられます。そして大事な理由がもうひとつ、それはリフォームは“体力と気力が必要な大変なイベント”であるということです。

リフォームは業者選びからプランの打ち合わせ、そしてリフォームの準備に後片付け、リフォームの規模によっては工事中に仮住まいになることもあり、身体の自由が利きにくくなった高齢になってからはなお大変! 

50代なんてまだまだ元気だし、普段の暮らしで困っていることもない、リタイア後の生活を考えるのもまだ早い気がする・・そう思われがちですが、思い切ったリフォームは元気なうちにしておくことがベストなんです!

House model with real estate agent and customer discussing for contract to buy house, insurance or loan real estate background.

 

リフォームをする際は、これからのライフスタイルに合った間取りにすること、そして将来に配慮したプランを立てましょう。

政府が発表した「平成30年版高齢社会白書」によると、65歳以上の家庭内の事故はなんと全事故の77%以上を占めています。歳を重ねるにつれて、入浴中の事故や段差でのつまづきなど、家庭内事故につながる可能性がさらに高まります。ヒートショック対策、バリアフリーや手摺の設置はまだ早いと思われるかもしれませんが、事前の備えに早すぎるということはありませんので、気力や体力があるうちに10年後、20年後の暮らしを準備しましょう!

%e5%86%85%e8%a6%b31

コーセーホームでは、間取りの変更やお風呂、キッチンの入替などはもちろん、断熱リフォームも施工しております。「お家の中にお家をつくる」をコンセプトに、今の住まいを壊さず、必要な部屋だけを断熱することができる「ハウスINハウス」で、費用をおさえた断熱リフォームが可能です。断熱性能を高め、部屋の温度を均一に保つことで、冬は入浴中の事故の発生要因のヒートショックの防止、夏は室内での熱中症のリスクを下げることができ、涼しく快適に過ごせます。冷暖房を使う時間を少なくできるので、省エネにもつながります!

「ハウスINハウス」とは?

「ハウスINハウス」の効果はコーセーホーム州見台営業所で体感することができますので、お気軽にお問い合わせくださいね♪

皆さまからのご連絡お待ちしております!

 

<お問い合わせ先>

コーセーホーム州見台営業所

〒619-0216

京都府木津川市州見台4丁目1番13号

営業時間:9:00~17:00(水曜定休日)

フリーダイヤル:0120-293-937

メール:kunimidai@kosei-house.co.jp

Back
一覧