Blog

ブログ

【井手町O様邸リノベーション工事/現場報告その1】

この度ご自宅のフルリノベーション、耐震補強工事をご依頼いただいたO様邸は、築40年以上が経ち、建物の老朽化と夏の暑さ、冬の寒さを我慢しながら生活されていました。また、現在使用していない工場もあり、これからの生活スタイルに合わせた間取りにリノベーションします。

リノベーション前

rimg6082

rimg6084

建物は昭和56年以前に建てられた旧耐震基準であったため、大地震への不安に加え、冬はすきま風も辛かったそうです。また間取りは家事動線も悪く、不自由を感じながら生活をされていました。

解体・撤去工事

rimg0019

rimg0093

壁や設備などを撤去し、構造部分だけになりました。ここから耐震補強工事に入ります。

基礎補強工事

rimg0244

rimg0402

耐震補強工事は新しい柱や梁、筋交いなどを入れ、接合部は金物で堅固にします。また壁には構造用合板を張り、強い壁を補強していきます。

お住まいの耐震化については、昭和56年以前に建築された住宅の耐震診断や耐震改修工事において、助成金が出る制度があります。(対象となる住宅や条件、申込期間についてはお住まいの市町村にお問合せ下さい)

いつ起こるかわからない大地震に備えて、築40年前後経過しているお家は耐震補強について一度検討してみてはいかがでしょうか。

O様邸のように、長年住み慣れた我が家を、ライフスタイルの変化に合わせて生まれ変わらせるリノベーションは近年どんどん増えてきています。新築に比べコストを抑えることができるので、これからマイホームを考えておられる方は、新築のほかにも中古物件をリノベーションして暮らすという選択肢を入れてみるのもおすすめです。

【O様邸リノベーション工事/現場報告その2】

Back
一覧