Blog

ブログ

戸建住宅を建てるとき「敷地は何坪くらい必要? 平均は?」坪数別の間取りも紹介!

家を購入するときにどのくらいの敷地が必要か、よく分からないということがあります。

今回のコラムでは、戸建住宅を建てるときに必要な坪数や平均的な広さについてご紹介します♪

戸建ての平均的な坪数は?

住宅金融支援機構が行った「2021年度フラット35利用者調査」によると、注文住宅の住宅面積の平均値は123.8㎡となっています。坪数にすると、およそ37坪になります。注文住宅の敷地面積の中央値(外れ値があるため中央値を使用)は、252.3㎡、およそ76坪ほどです。

土地付き注文住宅の場合は、住宅面積の平均値が111.4㎡でおよそ34坪。敷地面積の中央値は198.5㎡で、およそ60坪となっています。

土地付き注文住宅の方が平均的な坪数は狭くなっています。

一般的な住宅面積と敷地面積の坪数がおおよそお分かりいただけるでしょう。

参照:住宅金融支援機構|2021年度フラット35利用者調査https://www.jhf.go.jp/files/400361622.pdf

我が家に必要な坪数と間取りは?

平均的な坪数が分かったところで「我が家に必要な家の広さは?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。ここでは、家族の人数やライフスタイルによって決めることをご提案します。

家族の人数で決める

国土交通省によると、「豊かな住生活の実現を前提とする誘導居住面積水準(郊外や都市部以外を想定)」は、就学年齢以上の3人家族の場合100㎡およそ30坪、就学年齢以上の4人家族の場合125㎡およそ38坪ということです。

住宅面積を決める際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

参照:国土交通省|住生活基本計画における「水準」についてhttps://www.mlit.go.jp/common/001098415.pdf

在宅勤務や趣味の有無で決める

家族の人数に加えて、個人のライフスタイルによっても必要な広さは変わります。ここ数年で増えている在宅勤務をする家族がいる家庭ならば、ワークスペースや在宅ワーク専用の部屋が必要でしょう。

また家で趣味を楽しみたい人や多趣味な家族がいてモノが多い家庭も趣味のための部屋があるといいでしょう。

坪数別の平均的な間取り

坪数別の平均的な間取りについて簡単にご紹介します♪

30坪の家

3LDKからコンパクトな4LDKになるでしょう。3人家族に適しています。

40坪の家

5人家族でもゆとりをもって暮らせるサイズ感です。ひと部屋ひと部屋が広々とした4LDKになります。仕事部屋や趣味の部屋を作りたい場合は5LDKにもできます。

まとめ

今回は、戸建住宅を建てる上での平均的な坪数や、坪数ごとの適した間取りについてご紹介しました。ぜひ家づくりの参考にしてくださいね!

Back
一覧