Blog

ブログ

その土地、地盤は大丈夫? 地震から家族を守る家づくり

こんにちは!コーセーホームの菅沼です。

今週末1月17日で、阪神・淡路大震災からちょうど25年を迎えます。

多くの方が命を落とされたあの大震災以降も、2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震、2018年の大阪府北部地震と巨大地震が次々と起こり、日本は地震大国だということを改めて思い知らされる25年間となりました。

当社では、そんな日本において長く安心して暮らせる住まいを提供したいという思いから、パナソニックの耐震住宅「テクノストラクチャー」の家を手がけています。

3-1

テクノストラクチャーの最大の特徴は、「構造計算」です。
木造2階建て以下の建物には義務化されていない構造計算ですが、テクノストラクチャーでは事前に構造計算を行うことを当然として、骨組みのバランスと強さが保たれているかを一棟ごとに確認しています。

ただ、建物が地震に強くても、その建物が建つ“地盤”が強くなければ意味がありません。
「価格が安いから」と土地を購入したはいいものの、購入後に大がかりな地盤改良が必要とわかり、高額な費用がかかってしまうということも……。

3-2

当社は建物だけでなく、長年にわたって土地を取り扱ってまいりました。
そのため、“土地のプロ”としての視点でさまざまなアドバイスをさせていただくことが可能です。

本当に、この土地を購入して大丈夫?
土地を購入される際には、ぜひ一度、ご相談にお越しいただければと思います。

Back
一覧