Blog

ブログ

木津川市で注文住宅をご検討中の方へ!内装の決め方や注意点をご紹介!

木津川市に注文住宅を建てようと考えている方はいませんか。
注文住宅は設計の自由度が高い分、依頼主の知識の有無が住宅の出来を大きく左右します。
今回は注文住宅の内装で失敗しないように、注文住宅の内装の決め方を紹介します。

□注文住宅の内装の決め方を解説

2-2

内装は押さえるべきポイントを押さえておけば難しくはありません。
以下のポイントを押さえて理想の内装を目指しましょう。

*統一感を出す

内装において第一に守らなければならないのは「統一感を出す」ことです。
個々の設備や家具がどんなに美しくても、コンセプトがバラバラだと部屋がごちゃごちゃしてしまいます。

人間は釣り合いが崩れているものを見ると違和感を感じる生き物です。
内装という「物の受け皿」が整っていれば、物が配置された時の空間はより美しさを増します。

*家具と内装のデザインを合わせる

「家具選びは内装が決まってから」と考えている人は多いのではないでしょうか。
内装が完成していないと家具を置けないので当然と言えば当然の流れです。

しかし、美しく調和のとれた内装にするにはこの考えかたは改めた方が良いでしょう。
なぜならば、家具は内装デザインの一部であるからです。
家具が内装の一部であるから、内装の設計と家具選びを同時進行に行うことをおすすめします。

また、家具選びを内装決定後に行うと、お気に入りの家具を見つけても内装の寸法に合わず、諦めなければなりません。

*良い床材を選ぶ

3つ目のポイントは、背伸びしてでも床材にはこだわることです。
おろそかにされがちな床材ですが、床材にこだわるのは大事なことです。
なぜなら、「部屋の雰囲気」「冷暖房効率」「居心地」を大きく左右するのが、床材であるからです。

□注文住宅の内装を決める時の注意点とは?

失敗しない内装選びには、希望する家の雰囲気だけでなく、どれだけ入居後の生活をイメージできるかが鍵になってきます。
理想ばかり追っていると非現実的な設計や住み心地の悪い内装になる可能性があります。
コンセントの数も家電の配置を想定して決めないと家が延長コードまみれになることもあります。

また、キッチンは火を使う場所であるから、コンロ周辺は燃えにくい素材を使用しなければならないという制限もあります。

□まとめ

今回は注文住宅の内装の決め方を紹介しました。
ポイントと注意点を押さえれば内装は難しくありません。
基本を押さえて内装デザインを楽しみましょう。
注文住宅をお考えでしたら、ぜひ当社にお任せください。

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

Back
一覧