Blog

ブログ

Q値って何?木津川で注文住宅をお考えの方にわかりやすく解説します!

断熱性の高さは省エネな家であるための1つの指標となっています。
新しく一戸建て住宅を建てるなら省エネな家が良いですよね。
しかし、どうすれば自分の家が断熱性の高い家だと呼べるかご存知でしょうか。
今回は、断熱性に関わるQ値についてお話します。
木津川で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□Q値とは

2%e9%9a%8e

省エネな家を建てたいとお考えの方の中には、Q値という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
しかし、Q値とはなんのことかさっぱり分からないという方もいらっしゃると思います。

Q値とは、熱損失係数と呼ばれる数値です。
熱損失係数とは、天井や窓、床、壁といった住宅の中のどこからどれだけの熱が逃げていっているのかを表した数字となっています。
これらの数字が高いほど断熱性能が低く、数値が低いほど断熱性能が高いと判断できるため、住宅の断熱性能を表すのにぴったりの数字と言えるでしょう。
Q値が低い断熱性の高い住宅は、室内が外気の熱から影響を受けにくく、冷暖房の効きやすい省エネな家であると言えます。

□Ua値とQ値の違いとは

これまででQ値は家の断熱性能を表すのにとても便利な数値であることはおわかりいただけたでしょうか。
しかし、家の断熱性能を表す数値としてUa値という数値をよく見かける方も多いのではないでしょうか。

Ua値とは、外皮平均熱貫流率と呼ばれるもので、こちらもQ値と同様に家の断熱性を表す数値です。
Ua値もQ値と同様に数値が小さいほど断熱性の高い家だとみなされます。

外皮平均熱貫流率と聞いても難しくてよく分からない方も多いですよね。
外皮平均熱貫流率とは、簡単に言うと家の外にどれくらい熱が逃げているのかを表している数値です。

ここまで聞くと、Ua値はQ値と同じように思うかもしれません。
Q値とUa値の異なる点はその計算方法の違いにあります。

Q値は係数の計算時にその家がどれくらい熱を失っているか、という熱損失量を最初に出す必要があります。
その際、換気による熱の損失も考慮するため、計算が複雑になってしまうことが多いのです。
しかし、Ua値の場合換気による熱の損失を考慮する必要がありません。
その分計算が簡単になっており、最近ではQ値に変わってUa値が断熱性の基準を満たしているかの基準になりました。

家の断熱性が気になった方は、ぜひこれらの数値を確認してみてください。

□まとめ

今回は、家の断熱性能を表すQ値についてお話ししました。
木津川で注文住宅をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

*****************

注文住宅・分譲住宅・不動産売買・中古住宅・賃貸・仲介なら
KOSEI本社へ

リフォーム・リノベーションのことなら
州見台リフォーム営業所へ

Back
一覧